在留資格認定証明書

オーガニックを資本主義のアプローチで考えて何かいいことあるの? > 仕事 > 在留資格認定証明書

在留資格認定証明書

2013年8月22日(木曜日) テーマ:仕事
在留資格認定証明書は、入国管理局へ申請しますが、最近少し込み合っているようで、
2ヶ月くらい待たされるそうです。中国人の友人はそれで心配になり何度も入管に
電話したようなのですが、どうやら他の友人も同じように待たされているので心配
いらないようです。

在留資格認定証明書の申請を私が真剣に検討していることを、友達は笑います。私が
いま申請しようとしている、というか行政書士さんを探してる在留資格認定証明書
交付申請という申請は、改正入管法において新設された許可だそうです。

配偶者の在留資格から、定住者の在留資格に変更するためには、けっこうな手間が
必要なのですが、日本人の実子がいると許可されやすいようです。

以前からあった在留許可とは別ものだそうです。在留許可は、医薬品を
日本国内市場に出荷する業者(元売り業者)、市場に対する最終責任を負う業者に
対する許可で、つまり、製造販売業者は、製造所において適正な品質管理体制の
もと製造(製造委託している場合には、その製造所における品質管理を管理監督すること。)
されていることを管理監督する能力に加え、市場に出荷した製品を消費者がどのよう
に使用しているか、不適切な使用はされていないか、また、常に副作用情報、クレーム
情報、事故情報等を国内外から積極的に収集し、製品自体に問題がないか等分析し、
適切な安全対策を行うことができる能力が求められているらしいです。

過去には、前配偶者との間に実施が無くても、約5年の日本在留期間で、定住者への
在留資格変更許可が認められた例があります。

私は、この医薬品製造販売業許可のうち、第一種というものを目指していますが、
きくところによると、行政書士さんの雇用も必要??とかでハードルは高いですね!

在留資格認定証明書の書き方について研究したいと思いますが、在留資格認定証明書は
行政書士さん経由で届けられるそうです。



関連記事

国際結婚手続き タイ

国際結婚手続き タイ

2013年11月 3日(日曜日)

在留資格認定証明書

在留資格認定証明書

2013年8月22日(木曜日)

フリーランスエンジニア 開発エンジニア

フリーランスエンジニア 開発エンジニア

2013年8月20日(火曜日)